インターネットの動画サイトで東京の歌舞伎座へ出掛けることなく好きな歌舞伎舞台が楽しめます

このところ何故か歌舞伎に興味を感じるようになってきました。これまで歌舞伎を実際に見たことは無いのですが、最近インターネットの動画サイトで「白波五人男・稲瀬川勢揃いの場」と言う歌舞伎の場面を見る機会がありました。泥棒の五人男たちが役人たちに追いかけられて、一人ひとりが粋な科白で自己紹介をして行くのです。五人男とは日本駄衛門を頭に、弁天小僧菊之助、忠信利平、赤星十三郎、南郷力丸といった面々です。この中の弁天小僧菊之輔については同名の歌を聞いたことはありましたが、残りの四名については知りませんでした。白波と言うのは中国の泥棒の一味の名前で泥棒のことを指すのだそうです。このお芝居の作者は江戸時代から明治まで活躍した歌舞伎狂言作者の河竹黙阿弥と言う人です。科白は七五調でテンポがよくしかも洒落が科白の中に組み込まれているのでとても面白くこれが歌舞伎に興味を持った切っ掛けでした。また弁天小僧菊之助を題材にした「浜松屋見世先の場」の動画も見ました。このように現在は便利なもので東京の歌舞伎座へ出かけなくても動画サイトで歌舞伎が楽しめます。地方へ住んでいる私たちにとってはとても有難いサイトだと言えるでしょう。これからも動画サイトを通して歌舞伎を楽しみたいと思っています。脱毛ラボ スピードコース