京都で起きたタクシー運転手による事件について。

京都で起きたタクシー運転手による婦女暴行事件について、世間の非難が殺到しています。
泥酔した状態の女性をラブホテルに連れ込み婦女暴行するなんて本当に信じられない事件だと思います。
被害者の女性が心配で、一緒に乗り込もうとした女性の友人を「きちんと送り届けるから」などと言って退けていたという加害者の男性・・・計画的に犯行に及んだということですから、ますます同情の余地などありません。
世の女性たちは、これからは酔ってタクシーを利用するということに警戒心を強めることでしょう。
もちろん良心的なタクシー運転手さんの方が圧倒的に多いとわかっていますが、一度こうした事件が起きてしまうと業界全体のイメージダウンは避けられないと思います。
私も何度か、したたかに酔ってタクシーを利用したことがありますが、基本的にタクシーの運転手さんに対しては全面的に信頼を寄せているというか、そうした凶悪な事件に及ぶことなど考えもしていなかった、というのが本音です。
被害者の女性ももちろんそうだったでしょうが、まさかこんな目に遭うなんて・・・本当にお気の毒に感じます。
被害者の方も、そして今回の事件で動揺しているであろうタクシー業界の方たちも、少しでも早く元の状態に戻れるよう、祈るばかりです。